代表者挨拶

不動産業界に入って4年目が終わろうとする頃までは、賃貸仲介と管理の売上を求める、一般的な不動産営業マンでした。
5年目に差し掛かる時期に、尊敬する先輩の紹介で人生を変える資格に出会い不動産に対する考えが大きく変わりました。
資格に関しては別ページでご紹介していますのでここでは割愛させていただきます。

会社を設立した目的はオーナー様目線のPM(賃貸不動産経営管理)を実践して行きたいと言う思いです。
それに伴う不動産売買も然りです。オーナー様の保有される資産の中で最も大きい資産であろう「不動産」
の経営管理を本気で取り組むには膨大な知識が必要です。

なぜ知識が必要なのか?正しい判断が必要なのか?
収益不動産の運用1つの失敗は後の資産形式に大きな影響を与えるからです。   

例えば、資産管理にはCF(キャッシュフローツリー)や、B/S、PLを理解出来る事は必須です。
また、不動産の健全運用には保有物件の売却時期、買換え物件購入の為のレバレッジ判断、
IRR判断なども必要となってきます。
よく改正される相続関連・税制情報なども把握する必要があるでしょう。
それらの事を理解する為にはやはり自分自身が不動産オーナーにならないと気づけないオーナーとしての悩みや
本当の運営の問題があるのではないかと言う思いから自分自身も収益不動産オーナーとなりました。
自身がオーナーであるが故に、オーナー様や投資家の皆様の思いや懸念点は共有してお話をお伺いすることが出来ると
思っております。

健全な賃貸不動産経営、並びに資産運用を実現する為に弊社とお付き合い頂ければ幸いです。

経営理念
資産価値を最大化し、クライアントと社員に満足を与え、永続的なお付き合いを実現する
社名の由来
読んで文字の通り、あなた(地主様、投資家様、社員、出会うすべての方)に本気で寄り添うと言う思いです。